内部リンクを改善する方法とは

内部リンクを改善するのは、原因さえわかれば、打つ手はあります。ウェブページのブログに内部リンクが集中していれば、テキストリンクやバナーを制作して、サイドバーなどに貼り付ければ改善されていくはずです。内部リンクは閉ざされたリンク構造を自然に生み出していきます。閉ざされたリンク構造は、ページランクが高く計算されるので、ウェブスパムの判定を受けるリスクが高まっていきます。内部リンクの改善を行う場合は、必ず外部のドメインへの発リンクとセットにした対策が必要となります。Googleは、個々のウェブページを評価しています。ウェブページあMetaデータは、ウェブページごとに異なるようにしましょう。Googleはウェブマスターツールで、titleタグとメタデータについて、HTMLの問題として、改善を求めています。

SEO・IP分散サーバーについて

Googleが「クラスCまでの同一のIPアドレスからのリンクは、すべて一つとして評価するという特許を申請した」というのはどういった意味なのか。説明しますと、100Gを超えるウェブサーバーを月々2000円で借りて、そのウェブサーバーに4000個のセカンドブログを設置したとします。その4000個のセカンドブログから目標ページに発リンクをしても、ひとつしか発リンクとして評価しないということです。リンク対策は、一つのウェブサイトからたくさんのリンクを貰うよりも、IPアドレスが異なる多くのウェブサイトからリンクを買う方がより効果があるといえます。そういったことから、セカンドブログは、クラスC以上で分散された、IP分散サーバーを利用するべきなのです。

ブランディングとは

「ブランディング」とは、多くの意味をもつビジネス用語でもありますが、昨今、「ブランディング」が使われるビジネスシーンにおける背景には商品イメージや価値などがあらわされているケースが多いようにもみえます。商品やサービスにおけるブランド力とは、いったいどのようなユーザーたちの視点から得られるものなのでしょうか。すでに有名ブランドされる企業やメーカーのWEBサイトなどを訪れてみますと、WEBサイトのトップページにアクセスした瞬間から、多くの人びとがどのブランド商品を取り扱っているのかが一目瞭然に認識されるのではないでしょうか。ブランド力のある企業やメーカーは、企業名やロゴ、各種ブランド製品や銘柄のテーマカラーなどを目にしただけで、どのブランドの製品であるのかを特定できるほどの認証度を維持しているものです。

見積もり作成には多くの情報が必要

Web制作のための提案書に必須となる見積もり。作成にあたって関わってくるのが、必要と見込まれる作業量と最終となる成果物のレベル。

そのために押さえておきたい要素として挙げられているのが、発注者から提示されている提案依頼書で示された内容とそれを遂行するために予想される内容。具体的には前者では、Web公開日などの指定期日に間に合わせるための体制、近似的な実績プロジェクトの結果、今までの打ち合わ記録など。

後者では、プロジェクトマネジメントのガイドラインとされるPMBOXで挙げられているのが、スコープ記述書、WBSとその辞書、スケジュール、人的リソース計画書、リスク登記簿、組織環境要因そして組織のプロセス資産など。これらすべてを勘案してはじめて見積もりが作成可能となります。

コスト算出と予算化は見積の両輪

Web制作に限らずプロジェクトマネジメントで最も重要と考えてもいいとさえ言われるコストマネジメント。プロジェクトマネジメントの教科書とも言われるPMBOXでも請け負ったプロジェクトを予算内で完成させることをもってしてコストマネジメントとされています。

流れとしては原価ともなるコスト(人件費や設備費など)を算出し、提案依頼書で提示されている予算枠とすり合わせのうえ、予算内に収まるようにプロジェクトをコントロールしていくことになります。

そのプロジェクトの規模にもよりますが、積み上げともいえるコスト算出と予算とのすり合わせは一般的に別の人が行うものとされています。

なぜならコスト算出はどちらかと言えばボトムアップであり、予算とのすり合わせは決められた予算枠に見合うものとするトップダウンといえるからかもしれません。

SEOとキーワードの組み合わせの例

例えば居住地域という属性を使うのであれば、「メインワード+東京」「メインワード+大阪」といった具合に組み合わせを作成するのです。これらの組み合わせと合致したページを作ることが出来れば、確実にアクセス数は増加します。

ページのタイトル自体がキーワードで作成できますし、本文中にも沢山のキーワードを忍ばせることが出来るからです。「本文」と述べましたが、SEO対策の上級者であれば、いきなり商品紹介を始めてしまうことはありません。サイトを訪れるユーザーの最大の目的は情報収集であることが多く、その目的に応じた内容でなければならないからです。

例えばある特定の悩みを解決するための商品を探しているユーザーが多いと想定される場合、その悩みに関する様々な情報を掲載することで、アクセス数を稼ぐことができます。その際、本文中に無理に自社製品に関する事を紛れ込ませる必要はありません。アクセスさえしてもらえば、他に誘導方法は幾らでもあるからです。

成果とコスト問題を考える

SEO、リスティング広告などのWEB広告を活用するなかで、コスト面でのお悩みを抱えていらっしゃる事業主さんも数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

低い成果を出すプロモーション活動に対して高いコストを費やして運用することは、いつしか気づいたときには大赤字運営であるといった壁に直面しているかもしれません。

出来る限り低いコストのなかで最大の効果を生み出すプロモーションは、日々のサイト管理にあると言われております。どんなに効果があるとされる広告活動も、発生したコスト以上に成果が見出されなくては意味をなさない活動となってしまうでしょう。

商品やサービスのプロモーション活動を行うなかでのコストは成果に直結している問題でもあるのです。

良質なコンテンツの信頼性

SEO対策のゴールを設定する際に、段階的な目標を設定することが望ましいなどとも考えられているようです。SEOのゴールとして検索エンジンの検索結果における上位表示がもっとも優先されるべき目的でもありますが、実際のWEBサイトの目標としては、検索結果の上位表示の先にも新たなる目的や目標がみつかるはずなのです。

ユーザー目線から考えていきますと、検索結果の上位表示はWEBサイトへの信頼性をあらわしておりますが、実際にアクセスした先のWEBサイト情報に信頼性が欠けてしまっては、それまでの対策が台無しになりかねないのです。

多くのSEOに関する専門書のなかで、対策の基本となる手法として「良質なコンテンツ」づくりを掲げている理由がここにあり、WEBサイトの更新や改善はユーザーからの大きな信頼にもつながっているのです。

WEBブラウザは必需品

Webサイトで稼働させるホームページの作成には、Webブラウザが欠かせません。これにはいくつか種類があります。Windows系のIE(Internet exprorer)やEdge、Apple系のSafari、他Firefoxなどが知られていますが、使用実績がいちばん多いのはGoogle Chromeと言われています。従来は使用するパソコンである程度絞られてしまいましたが。今では使用実績が示す通り使い勝手やその更新頻度などを考えるとGoogle Chrome抜きにしてはWebサイトの仕事はしずらくなっていると言われており、インストールは前提として考えておいた方がよさそうです。

SEO・アクセス解析のポイント

目標キーワードのアクセス解析のポイントとは、ユーザーにとって有益なウェブページかどうかを、数値で捉えることです。Google Analyticsでは、次の5つの要素を数値で捉えることができます。①訪問数、②訪問ベージビュー、③訪問時の平均滞在時間、④新規訪問の割合、⑤直帰率。の5つの要素から、ユーザーにとって有益なウェブページを数値で捉えます。ユーザーにとって有益なウェブページとはどんなものかというと、①訪問数が多い、②ページビュー数が多い、③滞在時間が長い、④常に新規訪問者がいる、⑤直帰率が低いと考えられています。これらのことで、分析を進めます。目標キーワードの「訪問数」を見ていきます。オーガニック検索のキーワード一覧から、目標キーワードを見つけましょう。目標キーワードの訪問者数のポイントを考えます。