SEOとキーワードの組み合わせの例

例えば居住地域という属性を使うのであれば、「メインワード+東京」「メインワード+大阪」といった具合に組み合わせを作成するのです。これらの組み合わせと合致したページを作ることが出来れば、確実にアクセス数は増加します。

ページのタイトル自体がキーワードで作成できますし、本文中にも沢山のキーワードを忍ばせることが出来るからです。「本文」と述べましたが、SEO対策の上級者であれば、いきなり商品紹介を始めてしまうことはありません。サイトを訪れるユーザーの最大の目的は情報収集であることが多く、その目的に応じた内容でなければならないからです。

例えばある特定の悩みを解決するための商品を探しているユーザーが多いと想定される場合、その悩みに関する様々な情報を掲載することで、アクセス数を稼ぐことができます。その際、本文中に無理に自社製品に関する事を紛れ込ませる必要はありません。アクセスさえしてもらえば、他に誘導方法は幾らでもあるからです。

成果とコスト問題を考える

SEO、リスティング広告などのWEB広告を活用するなかで、コスト面でのお悩みを抱えていらっしゃる事業主さんも数多くいらっしゃるのではないでしょうか。

低い成果を出すプロモーション活動に対して高いコストを費やして運用することは、いつしか気づいたときには大赤字運営であるといった壁に直面しているかもしれません。

出来る限り低いコストのなかで最大の効果を生み出すプロモーションは、日々のサイト管理にあると言われております。どんなに効果があるとされる広告活動も、発生したコスト以上に成果が見出されなくては意味をなさない活動となってしまうでしょう。

商品やサービスのプロモーション活動を行うなかでのコストは成果に直結している問題でもあるのです。

良質なコンテンツの信頼性

SEO対策のゴールを設定する際に、段階的な目標を設定することが望ましいなどとも考えられているようです。SEOのゴールとして検索エンジンの検索結果における上位表示がもっとも優先されるべき目的でもありますが、実際のWEBサイトの目標としては、検索結果の上位表示の先にも新たなる目的や目標がみつかるはずなのです。

ユーザー目線から考えていきますと、検索結果の上位表示はWEBサイトへの信頼性をあらわしておりますが、実際にアクセスした先のWEBサイト情報に信頼性が欠けてしまっては、それまでの対策が台無しになりかねないのです。

多くのSEOに関する専門書のなかで、対策の基本となる手法として「良質なコンテンツ」づくりを掲げている理由がここにあり、WEBサイトの更新や改善はユーザーからの大きな信頼にもつながっているのです。

WEBブラウザは必需品

Webサイトで稼働させるホームページの作成には、Webブラウザが欠かせません。これにはいくつか種類があります。Windows系のIE(Internet exprorer)やEdge、Apple系のSafari、他Firefoxなどが知られていますが、使用実績がいちばん多いのはGoogle Chromeと言われています。従来は使用するパソコンである程度絞られてしまいましたが。今では使用実績が示す通り使い勝手やその更新頻度などを考えるとGoogle Chrome抜きにしてはWebサイトの仕事はしずらくなっていると言われており、インストールは前提として考えておいた方がよさそうです。

SEO・アクセス解析のポイント

目標キーワードのアクセス解析のポイントとは、ユーザーにとって有益なウェブページかどうかを、数値で捉えることです。Google Analyticsでは、次の5つの要素を数値で捉えることができます。①訪問数、②訪問ベージビュー、③訪問時の平均滞在時間、④新規訪問の割合、⑤直帰率。の5つの要素から、ユーザーにとって有益なウェブページを数値で捉えます。ユーザーにとって有益なウェブページとはどんなものかというと、①訪問数が多い、②ページビュー数が多い、③滞在時間が長い、④常に新規訪問者がいる、⑤直帰率が低いと考えられています。これらのことで、分析を進めます。目標キーワードの「訪問数」を見ていきます。オーガニック検索のキーワード一覧から、目標キーワードを見つけましょう。目標キーワードの訪問者数のポイントを考えます。

SEOに関するアクセス解析

Google Analyticsの設定が完了したら、そのタイミングからトラッキングが開始されます。けれど、すぐにデータを確認することはできません。当日分のデータは翌日から確認することができます。目標キーワードのアクセス解析のポイントは、ユーザーにとって有益なウェブページを数値で捉えるということです。自分のウェブサイトに訪問したユーザーが、どんなクエリを入力したのかを知ることができます。メニューの「トラフィック」→「検索」→「オーガニック検索」で確認。キーワード一覧に表示されているnot providedは、暗号化しているのでキーワードが公開されない数のことです。ウェブサイトによっては、not probidedで表示される割合が50%を超えることもあります。そのためすべてのクエリを把握することはできません。

WEBライティング
検索ユーザーにも検索エンジンのロボットにもアピールできるWebライティングがこれからは求められていくと言われています。
究極の目的は、価値あるコンテンツと両者から判断されることでしょう。そのためには、通常の文章作成では考慮されにくい要素も出てくる可能性があります。
Webページのテーマといえる内容を極力文章の前にもってくるとか、テーマに関連した主要キーワードの選定などがWebライティングならではと言えるかもしれません。
そのほか、代名詞は極力使用しないよう配慮が必要なのも同様でしょう。なぜなら、ロボットに代名詞は理解できないからです。このような時は、文意から容易にわかる場合は、思い切って省略してしまえば話が早いのですが、そうもいかない場合は都度工夫が必要となってきます。
例えば、HTML記述で「<h2>超人気グループ○○のコンサート当日券販売について</h2> <p>この券は、~</p>」と普通書いてしまいそうですが、ここは「<h2>超人気グループ○○のコンサート当日券販売について</h2> <p>当日券販売は、~</p>」と代名詞の代わりにダイレクトに該当する名詞で置き換えてしまえば、ロボットに対しては解決です。

ところが、ユーザーからみると、文章として若干まだ違和感を感じてしまうでしょう。そんな時は「<p>超人気グループ○○のコンサート当日券販売は、~</p>」とすれば簡潔な文章にもなっていいかもしれません。

ただし、このような時気を付けなくてはいけないのが、主要キーワードとした言葉を多用しない事。キーワード出現率を検証した報告事例では、目安として、7%台が良いとの報告がされています。この辺の、多からず少なからずという「さじ加減」が文章作成で難しいところであり、一方Webライターの腕の見せ所と言えるのかもしれません。
W3C

これまで Google の観点で、レスポンシブ Web デザインは W3Cも推奨しています。W3Cとは、 World Wide Webで使用される各種技術の標準化を推進するために設立された、標準化団体・非営利団体の|略称です(正式名称は World Wide Web Consortium) ことです。つまり、運営者側において、レスポンシブWeb デザインを採用する目的と同意なのです。 このように、検索と Web の二大団体から推奨されています。SEOという枠組みでの話のみならず、 Web サイト制作全体に関わる大きな枠組み においても、おすすめの手法であるといえます。

「超初心者からでもOKのSEO対策情報まとめ」のTOPへ戻る