見積もり作成には多くの情報が必要

Web制作のための提案書に必須となる見積もり。作成にあたって関わってくるのが、必要と見込まれる作業量と最終となる成果物のレベル。

そのために押さえておきたい要素として挙げられているのが、発注者から提示されている提案依頼書で示された内容とそれを遂行するために予想される内容。具体的には前者では、Web公開日などの指定期日に間に合わせるための体制、近似的な実績プロジェクトの結果、今までの打ち合わ記録など。

後者では、プロジェクトマネジメントのガイドラインとされるPMBOXで挙げられているのが、スコープ記述書、WBSとその辞書、スケジュール、人的リソース計画書、リスク登記簿、組織環境要因そして組織のプロセス資産など。これらすべてを勘案してはじめて見積もりが作成可能となります。