WEBライティング
検索ユーザーにも検索エンジンのロボットにもアピールできるWebライティングがこれからは求められていくと言われています。
究極の目的は、価値あるコンテンツと両者から判断されることでしょう。そのためには、通常の文章作成では考慮されにくい要素も出てくる可能性があります。
Webページのテーマといえる内容を極力文章の前にもってくるとか、テーマに関連した主要キーワードの選定などがWebライティングならではと言えるかもしれません。
そのほか、代名詞は極力使用しないよう配慮が必要なのも同様でしょう。なぜなら、ロボットに代名詞は理解できないからです。このような時は、文意から容易にわかる場合は、思い切って省略してしまえば話が早いのですが、そうもいかない場合は都度工夫が必要となってきます。
例えば、HTML記述で「<h2>超人気グループ○○のコンサート当日券販売について</h2> <p>この券は、~</p>」と普通書いてしまいそうですが、ここは「<h2>超人気グループ○○のコンサート当日券販売について</h2> <p>当日券販売は、~</p>」と代名詞の代わりにダイレクトに該当する名詞で置き換えてしまえば、ロボットに対しては解決です。

ところが、ユーザーからみると、文章として若干まだ違和感を感じてしまうでしょう。そんな時は「<p>超人気グループ○○のコンサート当日券販売は、~</p>」とすれば簡潔な文章にもなっていいかもしれません。

ただし、このような時気を付けなくてはいけないのが、主要キーワードとした言葉を多用しない事。キーワード出現率を検証した報告事例では、目安として、7%台が良いとの報告がされています。この辺の、多からず少なからずという「さじ加減」が文章作成で難しいところであり、一方Webライターの腕の見せ所と言えるのかもしれません。