キーワードによる検索エンジンでの検索結果上位を狙う SEO は、以前であれば Web サイトの中身を作り上げる過程で、有効なキーワードを数多く盛り込むことで、容易に順位を上げることができたなどと言われておりますが、これまでにそのような過剰な SEO が流行したために、 Google などの検索エンジン側が、過剰なSEO対策の多くを迷惑行為として対処するようになったようです。このような過剰な SEO は、現在ではほとんど意味をなさない手法であるとされSEO対策としては使われなくなってはおりますが、このような迷惑行為は一般的には「スパム」などと呼ばれているそうです。多くのスパム行為は、検索エンジンのアルゴリズムの改良によって大幅に通用しなくなったことから、過剰な SEO を行う Web サイトの多くが、検索エンジンからの評価を下げられてしまうことにつながり、質の低いコンテンツを量産するWebサイトなども、検索エンジンの上位表示からランキング外に取り下げられてしまうといった状況に追い込まれてしまうようです。

TOPへ戻る