SEOにおいてコンテンツを充実させることが非常に大事です。それにあh、WEBライティングの技術を磨かなければなりません。


Webライティングにおいて、検索ユーザーにとって「わかりやすい」文章になるよう記載していくのが良いとされています。そこで言われるのが、1文1義という書き方です。ここで次のような文章で違いを体験してみて下さい。

まず「講習会の日程が決まりましたので、改めてご連絡しますが、その際、部署の責任者にもその旨お伝えください」という文章を、1文1義に習って分けてみましょう。「講習会の日程が決まりました。改めてご連絡します。その際、部署の責任者にもその旨お伝えください」となります。文章として少し違和感を感じるため、更に次のように書き換えました。
「講習会の日程が決まりましたので、改めてご連絡します。その際、部署の責任者にもその旨お伝えください」。如何でしょうか。前文が1文2義となりましたが、文章としては別に違和感なく読めます。このように、場合によっては1文1義に拘らす、1文2義でも良さそうです。要は、全体の文章によりケースバイケースで考えてもよい、という事になりそうです。結局、読み手の側でわかりやすい、読みやすい文章が究極目的となるからです。ここで、気を付けないといけない点を挙げておきます。

例えば、先の例で「<p>講習会の日程が決まりましたので、改めてご連絡します。その際、講習会の日程を部署の責任者にもその旨伝えて頂けると助かります</p>」としたらどうでしょう。この文章では一つの段落pタグ内に「講習会 日程」というキーワードだったとすると、「講習会」「日程」がそれぞれ2回ずつ現れており、検索ロボット側では、作為有る文章として検索結果順位を落とされる可能性が否めません。くれぐれも意識的と疑われるような言葉の繰り返しは、チェックで訂正するように心がけましょう。



Webライティングにおいて、一般的に言われている作文術を必要に応じ取り入れた方がユーザーにとって価値あるコンテンツと評価してもらえる場合があります。作文術の基本は、想定読者にとって「わかりやすい」「理解しやすい」文章作りと言われています。

SEO(検索エンジン最適化)を意識した場合は、更にキーワードの配置や配分も考慮する必要が考えられますが、それでも基本は如何に想定読者に「価値ある」コンテンツと思ってもらえるような文章の内容であったり書き方であったりに変わりはありません。また読み手となるユーザーの心理的な面も影響されることもあり注意が必要です。

そこで、文章中に使用する数字の取り扱いについて書いてみましょう。通常文章の中に数字が記載されている場合、数値が丸められたような切りのいい値であると、その信憑性を疑ってしまう事があります。反って、細かい数値の方が本当のように思えるから不思議です。

例えば「顧客満足度100%の歯科医院」と書かれているものより「顧客満足度95.5%の歯科医院」と書かれている方が、100%なんてあり得ない、95.5%の歯医者さんの方が良心的と感じて結局後者の歯科医へ足を運ぶ結果になるかもしれません。同様のことは、「大体**%」「約**%」「概ね**%」と書かれるより、「54%以下」「65%以上」と書いた方が印象よく取られるのではないでしょうか。決して嘘を書いているのではなくとも、読み手からは本当?と思われるような書き方は避けた方が無難でしょう。