SEO

皆さんのお店のホームページの存在を、より多くの人々に知ってもらうためには、出来る限りのネットユーザーたちに皆さんのお店のホームページまでのアクセスを誘導することが大切です。

現実的には、キーワードなどを用いて検索エンジンなどで様々な情報を探すユーザーたちに、ピンポイントで皆さんのお店のホームページまでたどり着いてもらうことが何よりもよい結果に結びつくのではないかと思われますが、実際にはライバル店や競合店が数多くひしめくネット社会の中では、必ずしも皆さんのお店のホームページが検索エンジンの検索結果上位に表示されるとは限りません。

そんな時必要とされる対策が SEO などとされているのですが、実際に SEO を行ったからどいて、必ずしも皆さんのホームページが検索エンジンの上位に表示されるとは限りません。 SEO 対策を行えば必ずしも検索結果としての表示順位が、上がると言うのであれば、それは魔法使いの仕業であるなどおと言い専門家たちもいるようです。もちろん Google 社のスタッフたちの中には、そのような魔法を支える人々もいるかもしれませんが、現在のところで言いますと、何よりも SEO に必要なことは、ネットユーザーたちの支持を得られるような本質的な意味を持ったホームページ制作を行うことが何よりも重要であると考えられているようです。

SEOでは、コンテンツを頑張る

SEOコンテンツ
価値あるコンテンツ作りに欠かせないものの一つに、Webライティングにおける作文術が挙げられるでしょう。作文術の基本は、想定読者にとって「わかりやすい」「理解しやすい」文章作りと言われています。

SEO(検索エンジン最適化)を意識した場合は、更にキーワードの配置や配分も考慮する必要が考えられますが、それでも基本は如何に想定読者に「価値ある」コンテンツと思ってもらえるような文章の内容であったり書き方であったりに変わりはありません。

そこで、文章の書き方の中でも、句読点(句点「。」と読点「、」)のうち、句点「。」について、その使い方の基本をご紹介したいと思います。まずは、句点と言えば、1つの文章の最後に付けるのが基本です。

基本があれば「例外」ありで、例えば疑問符「?」や感嘆符「!」が文章に最後にきたときは使いません。また、カッコを使用する場合で、まるカッコで終わるときは、その後に句点「。」を(ただし例外あり)、カギカッコ「」の中の文章最後にはいれません。前者の例文として、“当事務所は、商標出願を主に担当しております(商標とは商標法第2条第1項に定義されたものをいう)。”となります。

ちなみに、例外の例えとしては、“特許は、新規性、進歩性が必須要件です。(特許法29条)”となります。後者の例文としては“A社は、「~を主に業務を行っています」とHPに記載しています。”といった具合です。要はWebライティングの基本は、「検索ユーザーにとっても検索ロボットに対してもわかりやすい文章にすること」に尽きると言っていいのかもしれません。
SEOライティング

SEOで価値のあるWEBライティング

一般的な作文術は、Webライティングにも応用できる要素をたくさん含んでいます。しかし、そうでない場合もあるためその使い分けに注意が必要です。例えば、文章構成の基本となる「起承転結」が不向きと言える代表例かもしれません。

Webライティングでは、先に結論あり、という構成にしていかないと検索ユーザーにとっても検索エンジンのロボットにしても「SEOで価値あるコンテンツ」と認めてもらえる前にWebサイトから去られてしまう可能性が大きくなってしまうからです。
その他SEO(検索エンジン最適化)を意識したコンテンツ作りにという面で、重要キーワードの配置や配分(キーワード比率含め)も通常の作文術では気にすることのない要素かもしれません。
また、文章中で使われる数字の取り扱いについては通常の作文術とWebライティングの両方を考えた書き方が適している場合もあります。どういうことかと言えば、記載する数値を切りのいい数値で丸めてしまうと、読み手からは信憑性を疑われるという人間の心理面から、できるだけ正確な数値にした方がよい、というような一般的な文章作りにもいえるような配慮かもしれません。

一方で数値の直後にその理由付け等のコメントを載せた方がいいという記述方法はそうとも言えない面を持つと言えるでしょう。具体的な例を挙げてみたいと思います。「<h2>最低でも月収75万円が狙えます</h2> <p>というのは、毎日2万円のWワーク収入が可能だからです</p>」というように、具体的な数値を記載すると共に、その内訳を即座に入れるような記述にするという書き方はWebページに効果的です。

よく言われる、見出しタグhと段落pタグはセットで記載するのが基本と言われるWebライティングのルールにのっとっているからです。読み手となるユーザーにもその方が親切でしょう。更に付け加えて、見出しタグh3と段落pタグで補足していけば効果倍増です。前述の例文を完成させてみましょう。「<h2>最低でも月収75万円が狙えます</h2> <p>というのは、日ごとに2万円のWワーク収入が可能だからです</p> <h3>日収2万のWワークスとは</h3> <p>日収2万円の○○が見込めるからにほかなりません</p>」といった具合です。このような記述が可能なのは、Webページ作成ならではと言えるかもしれません。